MENU

サービスのご案内

節税をしたい

節税をしたい

節税をしたい節税をしたい

節税対策

節税は税金を少なくすることとは少し違います。
税金を払いたくないからといって無駄な支出をすることは経営にとってマイナスです。
例えば、税率を50%とすると、100の支出は税金が50減額となるも、結局50のマイナスとなります。何もしなければ50のマイナスはないわけです。節税方法のほとんどは、税金の支払いを将来に繰り越すだけなのです。
したがって、節税の方法としては以下のようなものがあります。

1.将来の利益のための投資
将来の利益のための投資
  • (1)教育研修
  • (2)設備投資
  • (3)広告宣伝など
2.次年度の必要経費の先払い ― 短期前払費用
次年度の必要経費の先払い - 短期前払費用
  • (1)地代、家賃
  • (2)保険料
  • (3)顧問料など
3.将来のマイナスを補てんするための支出
将来のマイナスを補てんするための支出
  • (1)損害保険料
  • (2)生命保険料
  • (3)退職金共済掛け金
  • (4)小規模企業共済掛け金など
4.その他税法上の特典を利用する方法
その他税法上の特典を利用する方法
  • (1)子会社を設立(交際費の枠が600万円増える)
  • (2)家族に対する役員退職金の支払い
  • (3)5000円以下の飲食費を交際費から除外
  • (4)連結納税で子会社の赤字を利用する
  • (5)個人事業を法人成りして消費税の免税などがあります。

レッツ総合事務所では、決算の2か月前に決算予測をして、節税の提案をします。余裕資金や今後数年先の見通しも必要です。
シュミレーションをして税額と資金繰りを予測します。

関連のトピックス

会社経営、税金、資金繰り、会社設立、相続対策など、私たちレッツ総合事務所におまかせください!
会社経営、税金、資金繰り、会社設立、相続対策など、私たちレッツ総合事務所におまかせください!

【無料診断】税理士のことをお考えなら、まずはお気軽にご相談くださいませ
レッツは総合事務所は、お客様の経営を改善するために
よく考えられて作られたスキームです。
顧問料は廃止し、会員制となっており、会員は問題に適した専門家に
必要なときに必要なサービスの提供を受けることができます。
  • レッツ総合事務所お問い合わせ先 06-6242-4575 営業時間9:00~17:30 土日祝休み
  • メールでお問い合わせ

Page TOP